コダパチB~パチンコ漫画家(?)コダイラの日常パチ日記~

ご意見ご希望はコチラまで!kodapachi@gmail.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

がんばれ東北!がんばろう小平(自分かよ!)

またまたまた大変ご無沙汰いたしました~。

なにか明るい話題が出るまで眠っていようと思ったら、激しい揺れと、微量の放射能と、KYなセ・リーグに、こりゃ起きねばなるまい!と体を起こしたコダイラです。

まずは、前回の日記に本当に多くの、励まし、賛同、応援、追悼、その他諸々のコメントありがとうございました~~~!!

いつも来ていただいてる方々、久しぶりの方、初めての方、こんなにたくさん応援してくれてる人達がいたんだ五反田大崎品川~~と感激し、捨てかかってたヤル気スイッチをなんとかゴミ袋から出すことが出来ました。

その後、某担当編集KY氏…じゃなくて、NY氏と話し合いまして、『早期連載復帰』を要望されました。が、一度背中を貫かれた矢は、抜いたからってすぐに治るワケもなく、とりあえず治療期間を貰うことに。

大連勝で復帰出来るかは、今後のリハビリ次第です。

まぁ、今はパチンコ自体すっかり心が離れてしまって、今年に入って最終回で描いたあの1回しか打ってませんし。

今回の震災で、なおさらしばらく打つ気がなくなりましたし。

パチンコ以外の漫画が描きたい気持ちがムクムクと芽を出しているので、落ち着き次第取りかかろうと思ってます。


母関係の方はと申しますと、四十九日の納骨も済んで、面倒くさい各種手続きも大体済んで(長男なので、引き継ぎが山ほどあって大変でした。)現在は実家の整理にアクセクしてます。

実家は公団の団地で、一人暮らしだったお袋が亡くなったことにより、3月いっぱいで退去しなきゃならなくなったのです。

この作業がまたツララがカツラに突き刺さるくらいツライ。

押し入れに眠っていた、手紙や写真を確認しながら振り分け、衣類や食器などもすべて思い出が染み付いてるわけで、でも、全部残すのは物理的に無理なので、断腸の思いで捨てて行く。引き取れる物以外は家具や家電も粗大ゴミに出し、次第にガラ~ンとして行く家の中。毎日重~い気持ちで片付けてました。

そんな最中に今回の大地震。

津波で家を流され、一瞬にして家族を失った人達のニュースを観るにつれ、母の最期をちゃんと看取ることが出来、家も自分の手でじっくり処分することの出来る僕は、百万倍幸せだと思えるようになりました。


地震発生時はヤボ用で新宿のド真ん中におりました。

歌舞伎町のコマ劇場のあたりをウロウロしてたら、金髪のホスト風の男がケータイで「スゲェ、スゲェよコレ!」とか喋ってる。

何が凄いの?と上を見上げると、色んな看板がユラユラ揺れてる。

次第に地面が大きく揺れ出し、ヤバイと思い広場の真ん中まで行き、柵に掴まり、落下物に備えてダウンのフードを被り、揺れが修まるまで待ちました。長かった。

四方のビルが一斉に揺れる光景は、場所が場所だけにまるでパニック映画の中に自分が入ってしまったような恐怖感でした。

コマ劇場の壁のカドがドシャーン!と落ちたし。

その後、2~3回デカい余震が来たけど無事やりすごし、電車をあきらめた人々の流れに乗って、徒歩で5時間弱かけてヨレヨレと帰宅。

途中ほとんど情報が無かったので、帰ってテレビを観て東北地方の被害に愕然。

妹の旦那の実家が岩手の一関というところで、なかなか連絡が取れず心配だったのですが、3日目にようやく電話が通じたそうでホッとしました。

仙台市にも親戚がいるのですが、そこも大丈夫。

読者の方で東北地方の方は無事だったでしょうか?

絶好調台で読者としては最後に一緒に打ったぐるぐるさんが、打った翌日に宮城県の海に近い町に引っ越され心配だったのですが、数日前メールの返信が来て、ライフラインは止まっているものの家も家族も無事とのことで安心しました。

被災にあわれた方、被災地に住んでる方、まだまだ不便なことも多いし、精神的なショックも強いと思うけど、なんとか乗り切れるよう願ってます。

東日本にお住まいの方、計画停電がややこしいけど、しばらくは節電節制で頑張りましょう。

西日本の方、日本経済が沈没しないよう、被災者のことを思いやりつつも、ガンガン飲んで打って買って遊んで経済活動に励んでくださーい!


それでは、とりあえずこの辺で~。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/19(土) 14:59:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。